カタカナ5min. 3月17日増刊号!

カタカナ5min.3月17日増刊号 日曜日:カタカナ 5min.増刊号

どうも非効率系ミニマリストカタカナです。

いかがお過ごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

日曜日はカタカナ 5min.増刊号です!

これを読んだら一週間のお話がまるわかり。

3月11日~3月16日プレイバック

3月11日(月曜):ミニマリズム
【ミニマリストの家をのぞいてみよう】カタカナ家の場合 -キッチン上巻ー
カタカナ家を探検するシリーズ、今回はキッチン前編です。せっかくなので大人2人で使っている食器も全てご紹介します。

カタカナ家の探検はキッチンへ。

やっぱりキッチンのことってみなさん気になるんですよね、どうしてもモノが多いし、毎日使うし。

この記事は技術面ではあまりお役に立たないかもしれないですが、やる気はそれなりに出るかもと思っています。

 

3月12日(火曜):食べ物の話
アイスクリームと私(主にパナップ) -食べて書いてまた食べる話①ー
新シリーズ「食べ物の話」。今回はアイスクリームについて。私の人生とアイスについて語りました(大げさ)

勝手に50音順で食べ物の話を書くことにしました。

エッセイストぽいでしょ?

沢山浮かぶときと全くない音があるんですよね、「り」や「る」とかどうしよう。

 

3月13日(水曜):芸能世界の考察
私、指原莉乃が売れるって最初から分かってたからね、いやまじで。
今日は自慢すっから!私、指原莉乃が売れるって分かってたから!こちとら毎日毎日TV見てんだぞ、なめるなよ(何を)

まわりまわって指原莉乃の話を書いてみました。

これを書くまで卒業することを知らなかったんですが、少々いまさら何で卒業するのかなーと素朴な疑問も湧いてたりして。

 

3月14日(木曜):人
ホワイトデーを救え!! -お返しの新定番を考える話ー
バレンタインデーの売上げ縮小に伴って、ホワイトデーも存在が危うくなっています。そこでカタカナが真剣にこれからの時代のお返しを考えました!

ホワイトデーのお返しを考えてみたのですが、バレンタインデーのメイン商材がチョコなのがそもそもダメなのではないかと思うようになりました。

「ピエール・マルコリーニ」どころか「エスコヤマ」も知らないし、そんなの贈り甲斐がないじゃないすか。

関係ないけど、ピエール・マルコリーニって変換したら、ピエール・○コリーニってでた。

何かいかがわしい。

 

3月15日(金曜):Solo Workers
人の懐の深さを信用してみることにした -カタカナがSolo Workerを目指す話⑤-
Solo Workersの講義第4回を終えて。マーケティングの話+人の優しさ+自分の壁をちょっと越えた話の盛り合わせです。

Solo Workersは私のブログでいちばん読んでいただいているシリーズです。

jさんの言う「ブログはドキュメンタリーであれ」ってことかなと感じております。

 

3月16日(土曜):タスクシュートクラウド
TaskChtue Cloudのプロジェクト=人生のプロジェクト ータスク管理未経験・パソコンスキル0でタスク管理を始めた話⑥ー
引き続きタスクシュートクラウドの設定内容を確認しています。今回は「プロジェクト設定」と「評価設定」についてです。

どこまでも追いかけてくる七つの習慣・・・・

読みたいのはやまやまなんですけど、海外ビジネス書特有のあの翻訳文が苦手なんですよね・・・

いずれ村上春樹が翻訳してくれないかな。

放送後のお楽しみ

ここ半年、寝る時間がどんどん遅くなってきております。

それまで毎日夜10時半に寝ていましたから、それが早すぎたと言われればそれまでなんですけども。

私のベスト睡眠時間は7時間半。

最近は平均6時間、たまに5時間になるときもあります。

はじめは眠くて眠くて仕方なかったのですが、今は結構慣れてきました。

 

ちょっと厳しい環境でも体が慣れていく様子を見ていると、単純に人間ってすごいなあと思います。

砂漠やアラスカのような極端な気候の土地にも人が住んでいることにも、改めて感動を覚えましたわ。人間って何てしぶといのかと(言い方いまいち)

 

逆にね、慣れなくていいことにも慣れちゃうことがあるなとも思うんですよ。

ブラック企業とか。毒親とか。MP吸い上げ魔人とか(精神力削りに来る人ね)

「ああ、あの時はおかしかった」と気づけるのは、無事その場所から抜け出せた人だけだし、気づけたとしても抜け出せるかは別問題なわけで。

それに頑張りやさんほど順応しちゃうってこともある。

 

砂漠やアラスカに住んでいる人たちは先祖代々かけて、その場所に慣れてきたんですよ。

それこそ1000年以上かけて。

生まれて20年くらいの人の身がブラック企業に順応なんてしてしまうと、無理な頑張りはゆがみになって蓄積されていつか爆発しちゃうのだと思います。

 

で何が言いたいのかといいますと、

私が休日11時ごろまで寝てしまうのは、睡眠時間を削っているゆがみが蓄積された結果なのです。

4度寝しても眠たいのも同様。

先祖代々睡眠欲と戦ってきた一族でない限り、抗うのは無理というもの。

 

何を書いているのか全く分からなくなってきましたが、とにかく春が近づいてきて眠いということです。

春なのだから、どんなに頑張ったとしても眠い。仕方ない。

「春眠、暁を覚えず」とは昔の人言いましたが、この世にある言葉の中でも最も真理に近い言葉だと思うカタカナなのでした。

カタカナ
カタカナ

今週もここまでお読みいただいてありがとうございました。

それではまた明日。