【ミニマリストの家をのぞいてみよう】カタカナ家の場合 -キッチン下巻ー

カタカナ家のキッチン・下巻 月曜日:ミニマリズム

どうも、非効率系ミニマリストのカタカナです。

いかがお過ごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

月曜日はミニマリズムの話をお届け。

今週もご一緒にカタカナ家を探検しましょうーーー!

先週のおさらい

キッチンの上部をご紹介した前回・前々回はこちらから。

【ミニマリストの家をのぞいてみよう】カタカナ家の場合 -キッチン上巻ー
カタカナ家を探検するシリーズ、今回はキッチン前編です。せっかくなので大人2人で使っている食器も全てご紹介します。
【ミニマリストの家をのぞいてみよう】カタカナ家の場合 -キッチン中巻ー
カタカナ家を探検するシリーズ、今回はキッチン中篇です。2人で知らない扉(キッチン下収納の)を開けまくりましょう。

キッチンは家の中でも物が集中する場所とはいえ、まさかの上中下編になりました。

さて、シンク下収納はこんな感じです

キッチンの最後はシンク下の収納と参りましょう。

場所は↓、観音開きの扉の部分です。

シンク下扉

さて開けてみましょう。

引き出しの中

簡単ではありますが自炊をしていますので、食品や調味料もそれなりに持っています。

冷蔵庫がない分、他の家庭に比べると缶詰のストックが多いかもしれません。

平均を知らないからただの推察ですけど。

キッチン収納は実用性?見た目重視?

キッチンって、実用性と見た目がせめぎあう場所だと思ってるんですよ。

買ってきた袋のまま保管した方が実用性もあるし時短なのですが、それだと見た目がよろしくない場合が多い。

どうせ保管するなら可愛いほうがいい。

カタカナ
カタカナ

疲れ果てて料理をする気が起こらないような時でも、

少しは慰めになるかもしれないし・・・

なので、カタカナ家では保存用品を使っています。

たとえば↓

ビン型保存袋

月桂樹の葉のような小さくて長期間保存する食品は、ビン型保存袋に入れ替えています。

手間を考えれば無駄だし、モノの数は増えるけれど、私はこの方がやる気がでます。

乾燥わかめだって、ほら。

ビン型保存袋2

なんとなくおしゃれにみえるじゃないですか。愉快愉快。

料理は仕事じゃなく生きるためなのですから、少しぐらい遊び心があったって構うもんですか。

 

調味料も入れ替えています。

ワンプッシュボトルビン

手前が日本酒、奥が食用油です。

でね!このボトル、めっちゃ便利なんですよ!

その名も「片手で使えるワンプッシュ便利ビン」。

カタカナ
カタカナ

どうですか、片手・ワンプッシュ・便利の三拍子。

便利要素が渋滞をおこしています。

お徳用ボトルで買ったとき、そのまま使うと重いし両手使うし、使い勝手が悪いし、さらに見た目ダサいし・・・ってことないですか?

そんなお困りごとも、このワンプッシュ便利ビンだったら大丈夫!

ここをプッシュするだけで・・・・プッシュ部分

ぱっかーーーーん!!!!!

ぱっかーん!

フタが一瞬で開きます。

ポンっ!といい音立てて開くので、ちょっとテンション上がります。

保存容器の製造で有名な星硝製だから丈夫だし、全部分解して洗えるし、見た目もすっきりしてていい。冷蔵庫に入れても邪魔にならないサイズだから、昆布の水だしにも便利かも。

保存袋や保存ビンはなくてもいいものですが、自分にとって必要だと思えば持っていればいいと思います。

カタカナ
カタカナ

他人の目線じゃなく自分で決めたのならそれでいいのです。

カタカナ家の調味料

とはいえ、ちょっとミニマリストっぽいとこも演出しておかないと、てなわけで今使っている調味料は下記の通りです。

  1. 醤油
  2. 日本酒
  3. 味噌
  4. マヨネーズ
  5. 鶏がらスープ
  6. かつお節
  7. 油(米油・オリーブ油・ごま油)
  8. ハーブ(月桂樹・唐辛子・カレーの恩返し)
  9. 本だし、ポン酢はいただいた時のみ使用

気づかれた方がいるかもしれませんが、砂糖とみりん、こしょう・コンソメは持っていません。

使う機会がないので・・・・・

肉じゃがも砂糖・みりんなし・だし多めで作りますが、そこまで違和感ないですね。

こった料理を作らないから、これくらいでも生活できちゃいます。

 

今使っている米油を使い切ったら、オリーブ油だけにしようかなと考えています。

ごま油はのんきち(夫)のマストアイテムなので減らせません(マヨネーズも)

カタカナ
カタカナ

減らすときは同居人の意向も汲んでくださいね。

のちのち大戦争になるかもしれないから必ず了解をとりましょうーー。

シンク内はこんな感じ

ついでなので、視線を上にずらしてシンク内の写真を。

シンク内

ご覧の通り、排水溝のふたはしておりません。

排水溝

もちろん最初を菊ゴムをしていまして、毎日寝る前に洗って戻してたんですよ。

これが意外と汚れるし、びらびらしてるからけっこう洗いにくい。

カタカナ
カタカナ

むう・・・と思っていたある日、突然気が付いたんですよ。

フタいる?って。

食べ物が排水溝の網に落ちないようにフタを使っているのなら、落とさないようにすればいいだけじゃ?

中が見えて汚いという理由でフタをしているのなら、汚くないように網をキレイにしておけばいいのでは?そのほうがぬめりもしないしよくない?

じゃあとりあえずやってみよ、と軽率に始めてから3年ほど経ちます。

特に困ったことはありません。

 

元々、自分の中に排水溝にはフタをしないとだめ!という既成概念があったんですよね。

フタと一緒にその概念も取り外して見たら、とっても楽になったという(うまいこと言った)

カタカナ
カタカナ

人にとっての快適=自分にとっての快適かどうか、

こればっかりは試してみないとわからんですね。

当てはまるかもしれないし、全然違うかもしれない。

ミニマリズムの心得は「うちはうち、よそはよそ」ですからね。

 

さて、長かったキッチン編も終わりです。お付き合いありがとうございました。

次は洗濯パンとパントリーをご案内しますよ。

カタカナ
カタカナ

今日もここまでお読みいただいてありがとうございました。

それではまた明日。