今年も終わるし、2018年・安CM王・安CM女王を決めようぜ

安CM王・安CM女王決定戦! 水曜日:芸能世界の考察

どうも、非効率系ミニマリストのカタカナです。

いかがおすごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

水曜は芸能世界の考察。
ちょっと早いけど今年のNO.1を決めようぜ!!

2018年!安CM王・安CM女王決定戦開催だあーーー!!

今年も残り40日となりました。

(私の中で)恒例の「2018年!安CM王・安CM女王決定戦!!」を開催しまーーーーす!

 

安いCMとは作りが安い以外にも、コンセプトが安い、精神性が安いなど総合的な安っぽさがあるCMのこと。

この賞はカタカナの独断と偏見で、安いCMに出演しがちだった男女に贈られます。

CMのイグノーベル賞みたいなもんだと思ってください。

 

本当は12月に開催するべきなのだと思いますが、今後の更新スケジュールがパンパンなんで少し早めにお送りします!

来月に開催しても順位は変わらないです、ぶっちぎりですから。

 

ちなみにこの賞は2名が殿堂入りを果たしています。

藤原紀香と草薙剛。

この二人の偉業について書くと文字数がオーバーしてしまうので、またの機会に譲りたいと思います。

 

発表!安CM王!!

さて栄えある安CM王は・・・・・・(ドラムロール)

該当者なし!!

きゃーーー!!石投げないで!!投げるならパイにして!!

 

今回の選出にあたって、選考委員(私)が一年振り返って考えてみたんですよ。

うわ・・・このCM安すぎ?と思う出演者がいなかったんです。

強いて言えば林修先生くらい。

林先生は塾講師ですから、通常のタレントに比べて安っぽいのは当たり前です。

また草薙剛のせいで万年2位だった、玉木宏・小泉孝太郎を1位にすることも考えました。

しかし少々インパクト不足ではないかと選考委員(私)から意見が出たため、今回は見送りといたしました。

 

選考中に気づいたのですが、最近は男性タレント・俳優を使ったCM字体が減っているようです。

不景気のあおりでしょうか。

どんっと起用しているのはau、ドコモのような通信会社ぐらい。

来年は竹内涼真あたりに「やっすーー!!!」と絶叫してしまうようなCMを期待したいですね。

 

発表!安CM女王!!

続いて安CM女王の発表とまいりましょう。

栄えある受賞者は・・・・・(ドラムロール)

武井咲!!!

おめでとうございます!!

 

今までもスーツの青山、イオンモールなど作りが安っぽいCMに出演してきた武井咲。

しかしながら上記のCMは「きれいな女優さん」という記号だけで出演しています。

きれいな女優さんであれば、石原さとみでも綾瀬はるかでも上戸綾でもいいわけです。

特に武井咲である必要性はありません。

 

ところが、彼女はあのCMに出演を果たしました。

そうハズキルーペです。

ホステスさんたちが次々とハズキルーペを尻で踏む、あのハズキルーペです。

「ちょっとくらいいいだろう減るもんじゃなし」というおっさん目線が終始支配している、あのハズキルーペです。

 

お金をかけてゴージャス仕立てにしているのに、コンセプトと精神性が安いためにすべてが安っぽい。

このCMに武井咲は、武井咲として出演しています。

「きれいな女優さん」枠ではありません。

どう見ても、コンセプトに合う女優としてキャスティングされています。

(小泉孝太郎もキャスティングされているところが味わい深い)

 

今までずっと巨星・藤原紀香の影に隠れていた武井咲ですが、このハズキルーペ事変により、選考委員満場一致(私)にて今年度の安CM女王とすることにいたしました。

ハズキルーペCMについてはこちらもどうぞ↓

武井咲主演ハズキルーペCMを徹頭徹尾貫くおっさん目線
化け物CMが現れました、ハズキルーペの新作です。改めて見るとVシネか龍がごとくみたいだね、これ。

 

次点は桐原美鈴、佐々木希の両名。

来年は武井咲を追い抜かすような安CM出演を期待しています。

 

さて来年はどんな安CMが登場し、誰が栄冠を得るのでしょうか。

期待を胸に「2018年!安CM王・安CM女王決定戦!!」を終了いたします。

ご静聴ありがとうございました!

 

安CM選考委員はいつでも募集しています。

どんなCMが流れてもチャンネルを変えたりせず、受身ゼロのプロレス的精神で挑んでいただければ幸いです。

本日もここまでお読みいただいてありがとうございました。

ではまた明日。