「好きなことで生きたい」と思うのなら、今こそ柳沢慎吾から学べ

今こそ柳沢慎吾から学べ 水曜日:芸能世界の考察

どうも非効率系ミニマリストのカタカナです。

いかがお過ごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

水曜は芸能世界の考察をお届け。

夢追い人よ、彼を見よ!

好きを仕事にしたいならこの人を見よ

「好きを仕事にしよう!」

世の中は大きく舵を切りだしました。

我慢至上主義から好き至上主義への過渡期を迎えたと言えるかもしれません。

私もいま好きを仕事にするために活動しています。

自分の好きで生きたい、そう考えるみなさんにぜひ注目していただきたい人がいます。

スティーブ・ジョブズ? ピカソ? ミック・ジャガー?

カタカナ
カタカナ

いいえ、柳沢慎吾です。

30年同じ事をしている柳沢慎吾

先日から柳沢出演のヘルシア緑茶CMが放送されだしました。

おなじみの警察24時ネタで、もちろん最後は「内臓脂肪、あばよ!」

花王 ヘルシア緑茶 「飲んで動いて、あばよ!内臓脂肪」 動画広告 柳沢慎吾
花王 ヘルシア緑茶 「飲んで動いて、あばよ!内臓脂肪」 動画広告 柳沢慎吾 WEBサイトはこちら>

いつもならタバコの箱でやる警察無線もペットボトルのビニールんとこでやったりして、柳沢の世界を薄めながらもほどほどに利用してうまーーーいことまとめてるCMです。

これ見ててふと思ったんですと、この人、ずっと同じことしてるよねと。

柳沢慎吾のネタは4つ

柳沢慎吾の代表的なネタといえば、下記の通り。

  1. 甲子園実況ネタ
  2. 警察24時逮捕の瞬間ネタ
  3. 「いい夢見ろよ、あばよ!」
  4. 「わかめすきすき~~」(わかめラーメンCMの石立鉄男の真似)

一つ特徴を覚えてもらったら成功、一曲でもヒットすれば一生食っていけると言われている芸能界において、4ネタも認知されているなんて彼は相当すごいのかもしれません。

つーか、この4ネタ以外見たことねえぞ。

 

どんなバラエティに出ても、必ずこの4ネタどれかになって、最後は「あばよ!」に帰結します。

少なくとも私が物心ついたころにはこの状態だよなあ・・・・。

カタカナ
カタカナ

あまりに代わり映えしなさ過ぎて、

たまに見ると自分がタイムスリップしたような気持ちになります。

飽きられても好きを貫いた柳沢慎吾

少なくとも30年近く同じことを繰り返してなぜ飽きられないのか・・・・

不思議に思ってつらつら考えてみたのですが、きっと一時期は飽きられてたと思うんですよ。

またやっとると。

あいついつもアレやなと。

 

それでも柳沢慎吾はやるんですよ、同じ4ネタを。

カタカナ
カタカナ

それにね、柳沢がネタやる時ってめちゃめちゃ楽しそうなんですよね。

毎回毎回出し惜しみなし、全部出し切っていく感じがするし。

同じネタでも手を抜かない。

1万回は言っているであろう「あばよ!」だって、いつも全力。

 

じゃあ、なんで手抜きしないで繰り返せるか?というと、
持ちネタ全部、自分が大好きなことをやってるからだと思うんです。

高校野球が好き。

警察24時が好き。

不揃いな林檎たちが好き。

石立鉄男のモノマネするのが好き。

だから1万回でも10万回でも「あばよ!」も「わかめすきすき」も全力で言えるのではないでしょうか。

 

そんな柳沢を見ていたら、こっちも「どこまで好きなんだよ、まったくしょーがねーなw」って一周まわって面白くなってきたんじゃないかと思うんですね。

そこまで好きならやらせてやろうと。

カタカナ
カタカナ

自分の好きをとがらせて貫いて、世間に認めさせた人なんですよ、

柳沢慎吾って。

るろうに剣心の斉藤一の牙突と同じ考え方ですね。

好きを貫いたら仕事が寄ってきた

柳沢が自分の好きを好きなだけやった結果、現在は世間が彼の好きなものを提供するようになってきました。

今回のヘルシアCMしかり。

野球の始球式しかり。

わかめラーメンのCMも現在は柳沢が出演し、嬉しそうに「わかめすきすき」をやっています。

石立鉄男本人より「わかめすきすき」言い続けた結果ですね、間違いないですね。

カタカナ
カタカナ

なんたって20年近く「わかめすきすき」言ってきたもんだから、誰も違和感ないし異論もない。

「わかめすきすき」って書きたいだけになってきてるけど、「わかめすきすき」を世界一言った人としてギネスブックに載っていい。

 

始球式だって、球場にいるお客さんたちはみんな元ネタがわかるから大ウケしてますし。

(私も好きで試合終了の「あ~」をエンドレスで見てた)

OPENING SERIES 2018 柳沢慎吾さん始球式
横浜DeNAベイスターズの始球式に『勝祭 2016』以来、2年ぶり5回目の出場となった柳沢慎吾さん。2018年3月31日の『OPENING SERIES 2018』にてピッチャー、応援団、実況アナウンサー、主審、甲子園のサイレン、ウグイス嬢、大会役員の7役をこなした「柳沢慎吾」が行った日本一長い始球式を全編ノーカ...

柳沢もますます張り切って楽しそうにやるもんだから、私たちは「やれやれ仕方ないぜ」って苦笑しながら肩をすくめるしかありません。

感覚的な話で恐縮ですが、冷蔵庫に入るのが好きだからといってバイト先の冷蔵庫に入ってSNSにUPするとかモラル的にいまいちなことをのぞいたら、好きな事を楽しそうにやっている人に対して悪意は湧きにくいんじゃないかと思うのです。

子犬が一生懸命ボールとじゃれてるところを見てるみたいな、ほのぼのした気持ちになるといいますか。

カタカナ
カタカナ

それにどうせ仕事を頼むなら、

その分野が大好きな人に頼みたいと思いません?

わかめだけじゃなく、どんなことでも長期間好き好き言っている人の方がうまくやってくれそうだもん。

柳沢慎吾から学ぶ事

上記から、カタカナが思う柳沢から学ぶポイントをまとめてみました。

1.好きなものを発信しろ
2.好きなものをやり続けろ
3.好きなものはたくさんあっていい
4.楽しみながら全力で取り組め
5.自分がいちばん楽しめ、楽しむ事で周囲を巻き込め

うわあ、今っぽい!

 

好きなことで生きていきたい人にとって、柳沢慎吾はその道の大先輩と言えます。

歌手にも役者にも漫才師にも好きなもので生きている人はたくさんいますが、
柳沢の5ポイントはこれからの時代に必要とされている力そのままです。

「おなじみのアレ」に見せかけて、実は一歩先を行く生き方をしていると言えるのではないでしょうか。

好きを仕事にしたい、好きなことで生きていきたい、でも不安・・・となった時、我々の足元を照らし導いてくれるのは誰でもない、柳沢慎吾57歳(!)だとカタカナは思うのでした。

カタカナ
カタカナ

今日もここまでお読みいただいてありがとうございました。

それではまた明日。