TaskChtue Cloudアイコンの謎を追え! ータスク管理未経験・パソコンスキル0でタスク管理を始めた話⑤ー

アイコンの謎を追え! TaskChtue Cloud

どうも、非効率系ミニマリストのカタカナです。

いかがお過ごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

土曜日はタスクシュートクラウドの日!

左上アイコンの謎を追え!

そろそろネクストステップを踏みたいカタカナ

使い始めて一ヶ月以上が経ち、毎日のタスクを入力→記録する流れも少しずつ習慣になってきました。

とはいえ。

いまの私はタスクシュートクラウドの持つ力の1割も使っていないと思われます。

カタカナ
カタカナ

高性能電子レンジを持っているのに、

冷凍のご飯を温めることにしか使ってないようなもん。

そろそろネクストステップを踏みたいところです。

アイコンの謎を追え!!

が、その前に。

避けては通れぬ道がある・・・・・

それはここ!

謎のアイコンたち

 

オイラが次に進むにゃあ、こいつらの中身をはっきりさせなくちゃならねえ。

うーん、何となーーく予想はつきますが、実際にどんな動きをするか確認していきましょう。

アイコン4つ

左3つ、手塚治虫先生の「三つ目がとおる」にでてきてた、三つ目人の古代文字に見えるなあ。

マヤ文明の絵文字みたいなやつなんですけどね(下図はマヤ文字)

マヤ文字

完了タスクの非表示化

それはさておき、まずはいちばん左の目みたいなやつ!

タスクの非表示

カーソルを合わせてみると「完了タスクの非表示化」と出てきました。

なるほど、ってことは・・・

完了・未完了タスク

 

アイコンを押してみます。

完了タスク非表示

おおおお!!!!

完了タスクが畳まれて見えなくなった!!!

これまでざざざーーーっと該当場所までスクロールしてたけど、これならすぐにぽぽぽぽぽーん!と入力できちゃいますね。

「いま俺はタスクをこなしている・・・」という優越感に浸れます。

でも終了時間を間違えて入力しても瞬殺で見えなくなってしまうので、一度解除してから修正する必要があります。

カタカナ
カタカナ

ぼーっと入力してんじゃねえよという

戒めとして受け入れましょう。

未完了タスクを移動させる

「完了タスクの非表示化」はある程度予測がついていた。

しかし、これらは何なの・・・・

タスクよよみがえれ

左は「上から下に移動する」感じ?

カタカナ
カタカナ

三つ目古代文字感+表示されてる①が

謎感をさらに高めています・・・・

回りくどいこと言ってないで、さっさとアイコンをあわせましょう!

「過去の未完了タスクを常に今のセクションに移動」とな。

ん?

右側は「過去の未完了タスクを一度だけ今のセクションに移動」するそうな。

何とかの考え休むに似たりってことで、「常に今のセクションに移動」アイコンをぽちっとしてみます。

 

あ!!!表示された未完了タスクが増えた!!!

増えた!

今朝出来なかったタスクがやってきたよ!

 

じゃあ、「一回だけ表示」だとどうなるの?

いる!

あ!!いる!

どちらのアイコンも出来なかったタスクを「忘れなさんなよ・・・」とそっと置いてくれる機能のようです。

違いは「常に」か「一回だけ」かということだな。

 

過去に出来なかったタスクが付いてくるのが「常に」、

俺はいまこの瞬間にかける!と狙い撃ちして表示させるのが「一回だけ」。

 

やりたくないタスクほど後回しになっちゃうというか、「とりあえず明日やればいいかなー?」ってとにかく逃げ口作っちゃうものですから(当社比)

カタカナ
カタカナ

未完了タスクが自動的に追いかけてきたら、

そろそろ観念するか・・・と思わないでもない。

おなじみ、割り込みタスク処理

左から4番目、君の事は存じ上げているぞ!

割り込みタスク

割り込みタスク処理だ!

最近仲良くさせてもらってます、何卒よろしくお願いいたします。

おやすみモード

さあてどんじりに控えしは・・・これ!

おやすみモード

間違いなく夜。夜が関係してる。

ええと「おやすみモード(ポップアップが表示されなくなります)」と。

ポップアップ・・・・・?

あ、あの見積もり時間を越えると出てくるあれね!

私は教えてもらえて助かってますが、必要ない人もいるのかなー。

カタカナ
カタカナ

毎日を分刻みのスケジュールで過ごし、移動は常にヘリを使う。

そんな高須クリニック院長的な人のための機能っぽい(違う)

全ての謎解明!

よっしゃーーー!!謎のアイコン5つ解明したぞーーーーー!

もともと私が分かってないだけで、謎なんかひとつもないんですけどね・・・・

 

どうしても逃げ腰になるタスクがでてきたら、「過去の未完了タスクを常に今のセクションに移動」を使って自分で自分を追い込み漁していきたいと思います。

でも使わないで過ごせたら、それがいちばんですな。

カタカナ
カタカナ

本日もここまでお読みいただいてありがとうございました。

それではまた明日。