「ぢのつく食べ物」にまつわるエトセトラ -食べて書いてまた食べる話65ー

叫び 火曜日:食べ物の話

どうも、片岡カタカナです。

いかがお過ごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

火曜日は50音で綴る食べ物の話。

シリーズ史上最難関がやってきたよ。

スポンサーリンク

最難関・「ぢ」のつく食べ物

ない。

本当にない。

「ぢ」で始まる食べ物が全くない!!!

困ったら頼るネット検索ですら、ぢが全く引っかかりません。

外国の食べ物ならあるかなーと軽く考えていたのですけど、私が甘かった・・・

日本語で「ぢ」と書くと、どうしても痔の薬が頭に浮かんでしまいますが、逆に言ったら「ぢ」は痔以外に使い道がないのかもしれん。

やっと見つけた「ぢ」のつく食べ物

それでもあれやこれや検索して、やっと見つけましたよ。

「ぢ」がつく食べ物。

 

ぢどり。

うん、地鶏ですね。

まれーーーーーに焼き鳥屋さんの看板にありますよね、習字みたいな字で「ぢどり」って。

あれ見ると一瞬頭がフリーズしないですか?

少々の間の後に、あー地鶏ねと納得する訳ですが、まあぢどりって書かないし読まないですもんね。

テストでぢどりって書いたらバツになります。

 

土地の「ち」と、目地の「じ」が混ざって「ぢ」という読み方が誕生したのでしょうねえ。

あながち間違ってない気もする。

「ぢ」と書いた方が、断然強そうだし。

だから痔の広告も「ぢ」って一文字書いてあるんでしょうけど、こんなに文字力(もじちから)がある字はないっすね。北大路欣也の目力みたいなもん。

 

地鶏の流れで思い出したのですけど、地粉というモノもありますね。じごな。

あまり聞かないですが、地元で生産・加工・消費される小麦粉ってことらしいです。

地粉を上手に使って日本の小麦粉を守ろう~オススメの地粉はこれ!~ | VEGAN子育て
みなさんは「地粉」をご存じですか? マクロビオティックのレシピなどでもよく登場してきますが、この「地粉」、万能な小麦粉であることは、まだあまり知られていません。 今回は、地粉についての基礎知識とスタッフが厳選したおすすめの地粉をご紹介します。 地粉ってなんだろう? 地粉は地元で収穫、製粉された国産小麦粉のことを言います...

地鶏を「ぢどり」と書くなら、地粉も「ぢごな」でいいような気がする。

すんごい大きくみたら同じカテゴリーだと思うのですけど、どうでしょう。

土地に根付いた食べ物的な。

最後に

いま疑問がひとつ浮かびました。

土地のニワトリは地鶏なのに、豚や牛を地豚や地牛と呼ばないんだろう。

豚と牛はブランド豚・ブランド牛と言われますよね。

そりゃブランド鶏と呼ぶこともあるけど、やっぱり地鶏と呼ぶほうがずっと多い気がする。

なぜだ?

 

小麦粉に「地粉」として地の字をつけているのに、同じ食肉である豚・牛には地をつけない。

これは、完全にニワトリ差別ですよ。

地牛(ぢうし)は流石に呼びづらいけど、地豚(ぢぶた)はゴロもそんなに悪くないと思うのですけど。

あれか、じぶただと、ものすごく下層の豚っぽいというか、泥に塗れた汚い野生の豚みたいだからかな。肉が臭そうだもんな・・・

 

これもやはり「ぢ」の持つ文字力(もじぢから)が強すぎるせいかもしれん。

「ぢ」、この字は食べ物の天敵ですね。

カタカナ
カタカナ

今日もここまでお読みいただいてありがとうございました。

それではまた明日。