【ミニマリストの傘】無印良品「2通りにたためる折りたたみ傘」は折りたたまない折りたたみ傘なのだ

傘探しが終わった 月曜日:ミニマリズム

どうも、非効率系ミニマリストのカタカナです。

いかがお過ごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

月曜日はミニマリズムの話。

ついに傘を1本に統一しました!

傘を新しくしました

ついに傘を新調しました!

無印良品の「2通りにたためる 折りたたみ傘 53センチ ブラックウォッチ」です。

2通りにたためる 折りたたみ傘53cm・ブラックウォッチ 通販 | 無印良品
傘の重量が約256gで、折り畳んだ時は留めテープを両方向から留めることができる傘をつくりました。

マツコの知らない世界で紹介されているのを見て、「これだ!」とひらめき、即買いに行って来ました。

2通りにたためる 折りたたみ傘ってこんな傘

現物がこちら。

この傘はなんと!

折りたたみ傘なのに、おりたたないで長傘のようにくるくるっと巻いて持ち運ぶことができます。

(手はのんきち(夫)です)

上の写真は折りたたみ時、下は長い時です。

折りたたみ2 折りたたみ3

すごい。

これぞ私が長年求めていた機能でした。

リバーシブルな止めボタン

さらに芸の細かい事に、この止めボタン、どっちからでも留められる!

ボタンの表も裏も同じ形をしています。

ボタンうp

折りたたみ ボタン

傘をくるくるっと巻いたはいいけれど、止めボタンの方向が反対でしぶしぶ反対にくるくるっと巻き直したことないですか。二回も手をびっしゃびしゃにしながら巻き直して、誰にも向けられないイライラを募らせたことありますよね。絶対ありますよね。

カタカナ
カタカナ

あの「しまった」感から開放されるのです!

ありがとう無印!

ただ長い状態のまま巻こうとすると、内側からボタン紐を出すことになるため、ちょっとだけ布がくしゃっとなります。

カバーも長さが変えられる

さらにさらに、長いままでも持ち運びしやすいようにカバーも長くなります。

折り畳み傘

カバー短いバージョン

折りたたみ カバー長い

カバー長いバージョン

長いカバーだと傘が出しにくそうに感じますが、ヒモが一番下につけられています。

これ、カバーを短くするための留めボタンなのですが、伸ばすとちょうど一番下にきて引っ張りヒモの代わりになっているのです。

いやー、うまいこと考えてられているなあ。

傘先端

大きい、でも軽い

確かに今までの折り畳み傘よりずっと大きいです。

しかし、大きさから想像できないくらい軽いんです!256gだそう。

カタカナ
カタカナ

500mlのペットボトルの半分の重さですよ?

逆にペットボトルって重くない?まじ?って気分になりました。

開いてみると

開いたところ。

扇風機との大きさ比較(意味なし)

おりたたみ 開く

これだけ新機能がついて、手の届きやすいお値段、2,990円!

カタカナ
カタカナ

2年ほど前から発売していたそうですが全然知らなかった。

私のばか。

折りたたみ傘と長傘、統一の野望

「傘って、折りたたみが一本あればいいんじゃない?」と思いついたのが2年前。

その日から、長傘を使わずに折り畳み傘でいけるところまでいってみる実験を開始したのでした。

3ヶ月ほどで「おそらく問題ない」とうっすら確証を持つに至ったのですが、そのまま傘2本生活を続けて今に至っておりました。すなわち2年間保留してたんです・・・・

あのですね、雨を防ぐ目的自体はほぼ問題なかったんですよ。

台風は?と疑問をもたれるかと思いますが、台風になったら折り畳みだろうと長傘だろうとびしょぬれになるんだから無問題としました。外出しない以外解決方法なし。

カタカナ
カタカナ

じゃあ何が問題なの?って話ですが、折り畳み傘にはひとつ絶対的な特徴があります。そう、折りたたむってこと。

折りたたみ傘は折りたたまないといけない

てめえ馬鹿にしてんのかって気の短い江戸っ子に詰め寄られそうですが、ほんとに折りたたむって長所であり短所なんですよ。

折りたためば小さくなって持ち運びしやすい。

でも使い終わったら折りたたまないといけない。

たたむ事が折りたたみ傘のアイデンティティであるのに、それが逆に己を追い込むという・・・・シェイクスピアの戯曲にでも出てきそうな苦悩じゃないですか。

同時進行

だって、お店に入るたびにたたむのは意外と面倒なんですよ。

そのまま傘立てに立てるにも抵抗があるし、あのスーパーマーケットの入り口にある傘袋に入れるにも一回たたまないといけないし。

カタカナ
カタカナ

お店に立ち寄る度に「たたむ×お店の数」をこなさないといけない。

めんどい。

そのせいでずっと傘統一に踏み切れませんでした(天下統一風)。

しかし、この「2通りにたためる 折りたたみ傘 53センチ ブラックウォッチ」のおかげでついに踏み切ることができました!

ありがとう無印!ありがとうマツコの知らない世界!

解決するときは一気にくる

2年間理想の折り畳み傘を求めてさまよっていたというのに、たった数分のテレビ番組で解決してしまうなんて人生とは分からないものです。

モノも減って、不便も減るなんてミニマリストとして最高の気分です。

ただ、持ち手についているこのヒモの存在意義がわからなかったので外しました。
(そういうとこ意外とシビア)

おりたたみ ひもいらない

これからやってくる秋雨の季節も怖くない。やったぜ。

カタカナ
カタカナ

今日もここまでお読みいただいてありがとうございました。

それではまた明日。