【カタカナメモ】サービスのアイデアを書き残しておきます -カタカナがSolo Workerを目指す話⑱-

カタカナメモ! Solo Workers

どうも、非効率系ミニマリストのカタカナです。

いかがお過ごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

金曜日はSolo Workersの話をお届け。

今回はたけしメモならぬ、カタカナメモ!

さてさて、現在カタカナはオンラインサロン・ライフエンジン限定「絶対に訪問しない収納サービス」を提供中です。

写真を元にすべてオンライン上で行う収納サービスです。

今回で2回目の募集して、おかげさまで前回に引き続き満席となりました。
本当にありがとうございます。

 

提供をさせていただく中で、こうしたらいいかも、あれを試してみたいなと思うことがいくつか出てきたので、先に書いてしまおうと思います。

形になるかならないかはわかりません。

カタカナ
カタカナ

私はアイディアがばんばん出るタイプではないので、

自分発のアイデアはめっちゃ貴重です。

さらにものすごく忘れっぽい。

残しておかないと、半日経たないうちに大事な資産が忘却の彼方に追いやられてしまうんですよ・・・

藤原紀香のことならずっと覚えていられるのに・・・
人生は思い通りに行かないものです。

伝説のたけしメモならぬ、カタカナメモに少しお付き合いいただけましたらこれ幸いです。

モノだけ減らしたい人がいるかも

まず新しいサービスのアイデア。

現在は引き出し・クローゼット等一か所について収納のご提案をしています。

その際に必ず通る道が「モノを選別して徹底的に捨てること」。

 

これさえできてしまえば、7割終了したも同然。それくらい大事な過程です。

収納の自由度はモノの少なさと比例しますからね、うん。

 

カタカナ
カタカナ

で、提案を書きながらふと思いました。

「もしかして、服だけ減らしたい人がいるかも」

特に、服・本は収納場所が決まっている場合が多いじゃないですか、クローゼットとか本棚とか。

だから収納の提案はいらないけど、モノを減らす手助けをしてほしい人もいるのでは・・?

提案が要らない分、やりとりや見守りに力を入れるサービスにする。

とてもとっつきやすいし、もしかしてフロントエンド商品にできるかも・・・?

もっと応援してほしい人がいるかも

次はもっとこうしてみたらいいかもアイデア。

現在の収納サービスは質問の数を1回に絞らせていただいています

・・・・といいつつも、やはり1回では足りません。

私も進行が気になるので「また困ったり、状況が進んだらご連絡ください!」と書いて送っている現状です。お客様も律義にご報告くださいます。

 

もしかして、何回もやり取りできた方がお客さんのやる気も上がるのかな?

こちらも、お客さんが何に困っているのか、どれくらいのスピードで進めているのかなど、生の情報を仕入れることができて一石二鳥かもしれません。

カタカナ
カタカナ

訪問しないことは手軽だけど、人間的なやりとりが少なく親近感や

信頼感を得にくいデメリットがあります。

その分、密に進捗を報告してもらう必要があるように思えてきました。

 

いっそのこと、全サービス質問し放題!と打ち出してしまってはどうか。

質問はし放題だけど、期間は10日間に限定しておく。

もちろんめっちゃめちゃ質問される方もいらっしゃるだろうけど、逆に全然質問されない人もいるだろうし、平均したら5回前後じゃないかな(勝手な予想)

一度実施してみて、実施できるのかどうか、満足度はどう変わるのか、結果から判断してみたいと思います。

ライブ中継で片付けたい人がいるかも

最後は新しいサービスのアイデア。

とはいえ、このアイデアはひらめきメモのF太さんからいただいたものです。

 

メールじゃなくて、ZoomのようなWeb会議システムを使い、相手の部屋をオンタイムで見ながら提案する。

写真も文字もまどろっこしい!話させて!という江戸っ子気質な人に合うかも。

その時のやりとりもまとめた資料をあとで渡せば、印象に残りやすいかもしれません。

カタカナ
カタカナ

ネックはアドリブに弱い私がその場で最適解をだせるかどうか。

のちのち「あの時はこういえばよかった」と延々反省する可能性があります。

 

いっそのこと、お客さんのお片づけライブ中継をただただ見守るとか。

「レンタル何もしない人」よりはもうちょっと何かする程度で。

判断に困ったらマイクで呼んでもらってアドバイスして、またお客さんは黙々と片づけをする。
3時間パック・6時間パック売りするの。

うーん、見られていると落ち着かないかな・・・・すぐに質問も解決もできるから、お急ぎの方にもよさそう。

どちらかというと、一個のサービスにするよりはオプションとして足せるようにしたらいいかもしれないですね。

カタカナメモおわり

以上、カタカナメモにお付き合いいただいてありがとうございました。

本家たけしメモくらい面白く書けたらいいのに。まだまだ修行が足りません。

この3つのアイデアが実用化された時は、おお、あの時言ってたやつが実現したのかふむふむよかったねと思っていただければ幸いです。

カタカナ
カタカナ

今日もここまでお読みいただいてありがとうございました。

それではまた明日。