2ヶ月かかって解決した悩みふたつ -カタカナがSolo Workerを目指す話⑯-

解決 Solo Workers

どうも、非効率系ミニマリストのカタカナです。

いかがお過ごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

金曜日はSolo Workersの話をお届け。

2ヶ月かかって解決できた問題、2つ・・・

数字成果はないけれど

今週もまた、ここでご報告できるような数字成果はでていません・・・・

しかしながらSolo Workers(以下SW)にかかわる個人的な問題が2つ解決できたので、記念に記していこうと思います。

エヴァンゲリオンのおめでとうエンディングと同じようなものだと解釈いただけますと幸いです。

解決できた問題リスト

今週、解決できた問題は下記の2つでした。

  1. 最近、自己肯定力が下がりまくり問題
  2. 私と世間では片づけに対する認識が違うっぽい問題

重要性がつたわりにくいかと思いますが、私の中ではかなり重い問題となっています。

①最近、自己肯定力が下がりまくり問題

ここ2ヶ月ほど、自己肯定力が下がりすぎて何もSW活動ができない状態になっております。

何もできない→自己肯定力下がる→何もできない→自己肯定力下がるのループ
・・・・ってまたその話かよと思われるかと思いますが、自分でもそう思ってます。

自分でも泣いて謝りたいくらい飽き飽きしとるわ。

 

でもまあ抜けだせませんで。

前回、F太さんのおかげで若干浮上したものの、長くは続かず・・

先週はSW活動は全て諦めて、回復に専念していました。

 

ゆっくりと休んでいたらふと思ったんです、掃除でもしてみようかなと。

カタカナ
カタカナ

床を掃いて、水拭きして、玄関をきれいにして、自転車を磨いて。

そのついでに久しぶりに料理らしい料理もしてみました。

ふと気が付いてみると、気分がすっきりして安定していることに気づいたんですよ。

その後は少しだけSW活動に着手することもできました。

ここから考えてみたのですけど、
「自分は家事をないがしろにすると自己肯定力が目減りする」という事実を発見しました。

家事時間を取り戻す

毎日ブログやSW活動に使っている数時間、以前の使い道は次の3つでした。

  • 睡眠
  • インプット(主にエンタメ)
  • 家事

睡眠とインプットは時折まとめて摂取してるのですけど、家事だけは全然やらなくなっていました。

単純に疲れているから面倒くさくて。

それに、限られた時間で家事をするなんてもったいなく感じちゃうといいますか。

5分でも早くブログ執筆を開始したい。早く終わらせて早く寝たい。

カタカナ
カタカナ

毎日やっていた床掃き、玄関掃除、トイレ掃除ものんきち(夫)

任せきりにしていました。

 

とはいえのんきちは「四角い部屋を三角に掃く」人なので、やり残しも多いのですよ。

床を掃除してたはずなのに、そこかしこに髪の毛が落ちている・・・・

でもやってもらっている身としては文句も言えず。

実はこれが無意識下のストレスになっていたようなのです。

 

部屋が汚い→面倒だからやらない→部屋は汚いまま→自分はダメな奴→やる気でないと、
自己肯定力セルフダウンループにはまっていたのでした。ひえーーー。

もともと家事が好きなのに、ないがしろにしたもんだからメンタルに響いていたようです。

カタカナ
カタカナ

いまは帰宅したら掃き掃除だけでもやるようになりました。

そのおかげか以前より落ち込みがマシになってきたように感じます

②私と世間では片づけに対する認識が違うっぽい問題

次はタイトルそのまま、自分の思ってる定義と世間の定義が違うという話です。

SWとして提供するサービスを考えていた時も、初のサービス提供をした時も、色々な人とお話させてもらっても、ずっとなにか違和感があったんですよ。

でも言語化できず・・・

 

特に初リリース後から違和感というか、齟齬を強く感じるようになりました。

研鑽のためにもすぐに再販するべきなんだけど、このもやもやが解決しないと大変なことになる気がする。

しかし、これは片づけ変態でないと感じ取れない齟齬だ・・・

カタカナ
カタカナ

根本に関わる重要なことだって、

私の中のこんまり先生が警告している。

本能的に感じたものの、正体がつかめず2か月が経過してしまいました。

やっと分かった違和感の正体

長らく途方にくれていたのですが、突然分かったんです。
(SW懇親会でF太さんと話している時に降ってきた)

世間の皆さんは「片づけ」と「収納」を同一視している・・・!!!!

 

はあ?と思われるかもしれません。

こんまりメソッドでは「片づけ」と「収納」は別扱いされているのです。

「片付け 」→ すべてのモノに定位置をつくること
「収納」  → 定位置にあるモノを取り出しやすく保管すること

同じに見えて、やることが全然違うんですよ。

片付けの後に収納がある(詳細は別途記事にする予定です)

カタカナ
カタカナ

私が提供したいと考えているのは「片付け」だけど、

お客さんは「収納」サービスだと思っていらっしゃったのです。

しかも自分自身も棲み分けが理解できていなかったもんだから、違和感を感じるけど意味が分からなかったんですよ。

この気づきは本当に大きなものでした。

 

で。

フロントエンドとする単発は「収納サービス」、
バックエンドになるメインプランは「片づけサービス」とすることにしました。

今はミニマリストなので自分自身の収納には重きを置いていないのですが、がっつり通ってきた道なので問題点も改善方法も分かります。

(整理収納アドバイザー2級を持ってました、あえて辞めちゃったけど)

カタカナ
カタカナ

わかりやすい収納サービスから入っていただいて

いずれ根本解決を目指す、そんな流れを目指していきます。

まとめ

振り返ってみて、これは成長するために必要な二か月だったんですよと胸を張れるもんでもなく。

「苦労は買ってでもしろ」撲滅委員会としては、余計な苦労(徒労かも)をしてしまったと思わないでもない。

どちらかというと残酷な天使のテーゼな2ヶ月でした。

それでも実際にSWに取り組んでみたからこそわかったことですから、それでよしとしたいと思います。おめでとう、おめでとう。

 

さあSW受講期間も残り1か月です。

よし、切り替えて次行くぞ。

最初と最後にギアが入るタイプなんで、ここから巻き返しますよ。

よろしくお願いします!

カタカナ
カタカナ

今日もここまでお読みいただいてありがとうございました。

それではまた明日。