記憶力が衰えたらドラマを見るのが楽しくなった話 -人生万事塞翁が馬ー

テレビドラマを見る 火曜日:加齢報告

どうも、非効率系ミニマリストのカタカナです。

いかがお過ごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

火曜日は加齢報告の話をお届け。

ドラマ見てますかーーー!?

いまさらドラマ視聴にはまったカタカナ

最近、ドラマを見ることが楽しくて仕方ありません。

この海外ドラマ全盛の昨今において、ひたすら日本のテレビドラマを見ています。

いやー、こうやって私が日本のドラマや映画を楽しめるようになったのは、

自分の記憶力が衰えてきたおかげなんですよね。

自分至上最大にドラマを見ている

いえね、私、全然ドラマを見てこなかったんですよ。

ドラマとバラエティが同時に放送されていたら、絶対にバラエティを見る派。

唯一見てきたのは相棒と科捜研の女だけ。

そんな偏りまくりの私が、なぜかいま、人生の中でいちばんドラマを見ているのです。

 

相棒はもちろんなのですけども、加えて

朝ドラの「まんぷく」。

ひたすらゆるい「面白南極料理人」。

菅田将暉の熱演が光る「3年A組 ー今から皆さんは、人質ですー」。

クドカン脚本大河ドラマ「いだてん」。

薄味刑事ドラマ「メゾン・ド・ポリス」。

さらにabemaTVで再放送される「孤独のグルメ」もちょいちょい見つつ。

 

・・・・・・めっちゃ見とる!!!

カタカナ
カタカナ

大河ドラマなんて、

今まで一度も見たことなかったのに・・・・

一生渡らない橋だと思っていたのですが、知らないうちに渡ってました。

我ながらびっくりしています。

はまった理由を考えてみよう

自分でも不可思議なので、理由をいくつか考えてみたんですよ。

Tverの普及

地上波放送見逃し配信サービスのこと。

放送日から1週間無料で番組を見ることができます。

Tverの登場により、自分で録画しなくいい+好きな日時にTVが見られるようになりました。

休日にまとめて視聴できるから「一話見逃したからもう見なくていいや」脱落が激減。

さらに「ちょっと見てみようかな」視聴が激増、そのまま沼に突進なんてことも・・←イマココ

 

恋愛ドラマの減少

これは単純にカタカナの趣味ですね。

恋愛ドラマが減って、食べ物関係が増えた印象があります。

食べ物ドラマって何も考えなくてすむから、見ていると本当にリラックスできる。

 

私の記憶力が衰えた

やっぱり、こちらがいちばんの理由です。

私、日本のドラマを見ても集中できなかったんですよ。

カタカナ
カタカナ

この人は○○と付き合ってたんだっけ

カタカナ
カタカナ

昔、へんな歌歌ってたよなー、災難だったなあ

カタカナ
カタカナ

飼ってるトイプードルの名前はマロン

出演者を見るたびに、頭の中にどうでもいいゴシップが浮かんでくる!!

若さゆえ、一度見聞きした情報を忘れることができず、本人を見るたびに思い出してしまうのです。

 

例えるなら、船越栄一郎を見るたびに、松井一代を思い出してしまう状態です。

そして松井一代との一件を思い出したら、ハリウッドザコシショウのやってる「誇張しすぎた松井一代のモノマネ」を思い出し・・・と芋づる式でどうでもいい情報が頭に浮かんできます。

 

ほんと全然集中できないし、しんどい・・・・・

だからずっと洋画や海外ドラマばっかり見てました。

出演者のことを全然知らなければ、ゴシップも浮かんでこずに物語に集中できますから。

 

しかし、記憶力が衰えたいまは違う!!

ドラマそのものにめっちゃ集中できるようになりました。

始めの1分はちょっと思い出しても、あんまり覚えてないから芋づる式にならない。

そもそも出演者のゴシップを知らない(覚えてない)ことも増えてきて。

ああ!没頭できるってなんて快適なの!!と気づいて以来、テレビドラマばかり見ているのです。

もちろん弊害もある

記憶できなくなったことで、めっちゃドラマを楽しめるようになったのはいいのですが、
役者さんの名前も覚えられなくなってきました。

(人が多すぎるAKBグループは、秋元康から差し向けられた地獄の黙示録だと思っています)

 

逆に知っているのに思い出せないことも増えました。

3年A組には大友康平が出演しているのですが、どうしても名前が出てこないことが増えてきたため、カタカナ家では、

「ハウンドドッグ」「歌の癖がすごい人」

さらには「あぁいがぁぁぁすぅべぇてぇさぁぁあ」と大友のモノマネまで導入して意思疎通を図っています。

 

最近は人の名前だけでなく、前回までのあらすじもあまり覚えておらず、さらに放送日も忘れている始末。

だからTverで後日に見るのですが、そのときに「あ、ちょっと見てみよう」の罠にはまり、さらなる沼に沈み込むのです・・・・・

記憶力が衰えたら人生が別方向で豊かになった

20代、記憶できないこと=恐怖でした。

覚えられないこと、覚えていられないこと、どちらもあってはいけないことだと思っていたのです。

しかし実際に記憶力が衰えてみたら、意外と悪くありません。

それなりにだましだまし楽しめています。

 

加齢や老化はどうしても受け入れにくいし、つらいこともあるけれど、なったらなったで何とかなるもののよう。

おかげで「日本のドラマって面白いんだ!」「素晴らしい役者さんがたくさんいるんだ!」って気づいてインプットが豊かになりましたもん。

失った分だけ、別方向の豊かさがやってくるという。

人生万事、塞翁が馬たぁ言ったものかもしれませんね。

カタカナ
カタカナ

本日もここまでお読みいただいてありがとうございました。

それではまた明日。