12月、それは音楽の季節。タモリと飛天の間の季節。

歌番組の季節です 水曜日:芸能世界の考察

どうも、非効率系ミニマリストのカタカナです。

いかがお過ごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

水曜は芸能世界の考察。
年末といえば、歌番組!

年末年始は大忙し!!

いやー、今年も押し迫ってきましたね。

ついこの間まで猛暑だ猛暑だって言ってた気がしてたんですが、そろそろコート着なくちゃなくらい寒くなってしまいました。

ここから1ヶ月間、カタカナ家は大忙しです。

大掃除?ノンノン。

年末2大音楽特番、MステスーパーライブとFNS歌謡祭が放送されるからです!!

 

タモリ「Mステスーパーライブでーす」

まずはMステスーパーライブ。

すっかり音楽に疎くなってしまった私ですが、その年の音楽情報の全てをこの放送で把握すると言っても過言ではありません。

それくらい分かりやすいメンツが集まっています。

これを見ておけば、年明けまで続く音楽特番にも楽々対応できる。

オープニングでタモリが必ず言う「会場の歓声で声が聞こえません」を聞くと、今年も終わりだなとしみじみするんですよねー。

 

世界の渡部「FNS歌謡祭です」

そして、FNS歌謡祭。

カタカナ家はこちらがメイン!

のんきち(夫)は「いちばん好きなテレビ番組」と公言するくらい好きらしい。

私としては「味わい深い大御所が多数出演して目が離せない番組」というところです。

この人変わらないなーとかなんだか雰囲気おかしいな、衣装が微妙とか、どうでもいいことを話しながら見るのが好きなんです。

 

FNSは旬のアーティストだけでなく、昔の歌手も出演するところがいいんですよねー。

アーティストっていうよりも、The・歌手!みたいな人たち。

カタカナは「歌を取り上げたら何もない」みたいな歌手が好きなんですよ。

ヒット曲1曲で永遠に全国どさまわりしてるような。

さらに進んで「歌を取り上げたらろくでなし」だと最高ですね。

 

下記、画面に出てくるとテンションが上がる歌手のみなさん。

  • 松崎しげる
  • 布施明
  • 葛城ユキ
  • 横山剣
  • 玉置浩二
  • デーモン閣下
  • 小柳ユキ

ひとつお断りしておきたいのですが、私、特にこの中の誰のファンでもないんですよ。

(玉置浩二シンフォニックコンサートにはいきますが)

純粋に歌い手として見ています。

 

この方々は歌がうまいことは前提として、それ以上に面白みがあるんですよね。

喧嘩上等みたいな感じっていうんでしょうか、こぶしの代わりに歌声で勝負というか。

ちゃらちゃらしてない。

 

こういった古株と若手のコラボもいいんですけど、古株と古株のコラボはたまんないですね。

濃い。

こぶしとこぶしのぶつかり合い。

歌って正確に音が取れること以上に「よくわからないけど何かいい」の部分が大事なのだなと思わせてくれます。

それが表現力というか説得力というものなのかもしれません。

 

FNS歌謡祭に物申す

そんなカタカナ家大好きFNS歌謡祭ですが、ちょっとお願いしたいことがあります。

あのねえ・・・・

最近のFNSはスケール感が小さくなってきてる!!

スタジオトークみたいなもんいらん!!

飛天の間で藤原紀香がアシスタントやってた頃のゴージャスさを取り戻してほしい。

 

せっかくなんだから年末くらい思いっきり豪華なもんを見たいんですよ、貧相な現実は見飽きてるんだから。

虚構でいいの。

うっわー!!非現実!!って感じでお願いしたい。

季節ごとにうたまつりなんぞしなくていいから、年末のFNS歌謡祭に全ての予算とキャスティングをぶちこんでほしいんですよ。

庶民に夢を見せてください。

 

Mステは安定してますんで何も心配していないんですが、FNSは乱高下が激しいのですよね・・・

きっと樹木希林追悼企画で林檎殺人事件をやると思うのですよ。

郷ひろみ×○○、この○○が誰なのか・・・・

たぶんmiwaなんだろうな・・・・

 

さて、本当にmiwaが歌うのか楽しみにしたいと思います!

ここまでお読みいただいてありがとうございました。

ではまた明日。