女性タレントに興味がないカタカナなのに、ふたりだけ妙に気になっているんだな。ー佐藤栞里編ー

姉妹 ご挨拶

どうも、片岡カタカナです。

いかがお過ごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

水曜日は芸能世界の考察。

いま気になる女性タレントふたり。

珍しく女性タレントがきになる

本当に今更なんですけど、現在気になっている女性タレントがいるんですよ。

私、あまり女性タレントに興味がないので、今回もすんごい新人を発見!などではなく、もともと売れている人を改めて見つめ直したというところです。

せっかくですから、しばらく観察していこうと思っております。

気になる女性タレント:佐藤栞里

お一人めは佐藤栞里。

佐藤栞里(さとうしおり)のプロフィール・画像・出演スケジュール|【スタスケ】(1000022988)
佐藤栞里(さとうしおり) … 埼玉県出身。1990-07-27生まれ。しし座。

このところ、情報番組・バラエティ番組によく出演しています。

先日はオールナイトニッポンも担当したそうで、活躍の場を広げているタレントさんです。

 

何が気になるかっていいますと、この人、芸人さんとの親和性高すぎだろと。

バラエティ番組アシスタント史上、ここまで違和感がない女性タレントこれまでいたかと。

 

なんでそんなに親和性高いのかと考えてみると、まず圧倒的な光属性なんですよね。

明るく元気で気さくで。

クラスでいちばん可愛いわけじゃないけど、実は人気ナンバーワンだったりするタイプ。

そんな可愛い子が大笑いしてくれるだけでやってる方は嬉しかろう。

佐藤栞里は全てを受け入れる

でもそれだけじゃないよなーと。

色々見ていると、佐藤栞里ってジャッジをしないんですよね。

芸人と芸人を比べてジャッジをすることもないし、面白い面白くないかのジャッジもしない。

もちろん自分と比べてジャッジもしない。

ジャッジもしなければ、基本的に否定もせず、とにかく全部受け入れるの。

この絶対的肯定力が親和性のカギなんじゃないかしら。

 

女性タレントがバラエティのアシスタントにつくと、結構「私、バラエティ分かってますから」とか「私が仕切りますから」「私も面白い話できますから」感が出てくる人多いんすよね。

小島瑠璃子とか小島瑠璃子とか小島瑠璃子とか(優木まおみ、ホラン千秋、昔のベッキーも)

芸人と張り合ったり、たまに上から目線になってたりする。

 

そこにきて佐藤栞里は終始大笑いしながら、「芸人さんたちって本当に面白いですよね!すごい!尊敬します!」的ピュアスタンスです。

悪く言ったら素人ぽい反応。でも見ている方からすると不思議と快適なんですよね。

自分の特色を出すことをしないけど、それが逆に色になっていると言いますか。

 

例えるならMステの時のタモリかなあ。

タモリってMステの時は自分の存在感を出さずに、一切受け手に回るじゃないですか。

主役は自分ではなくアーティストだってわきまえているのだと思うんですよ。

あくまで引き立て役だと。

 

佐藤栞里はMステのタモリ戦法を無意識でやってる気がする。

アーティストではなく芸人さんたちが主役ですよ、と。

そりゃ芸人さんとの親和性が高くなるよなー。

何やったって受け入れてくれるし、出しゃばってこないし。

もしかしたら、無意識っていうより、佐藤栞里が超絶いいひとなだけかもしれないけど。

最後に

いま、カタカナが気になっている女性タレントの1人めは佐藤栞里でした。

2人目は次回ご紹介したいと思います。

カタカナ
カタカナ

今日もここまでお読みいただいてありがとうございました。

それではまた明日。