【大阪~徳島】徳島市に行くなら、ひょうたん島クルーズがおすすめだよ -徳島後編ー

徳島フェリー旅 流浪の番組・カタカナ倶楽部

どうも、非効率系ミニマリストのカタカナです。

いかがお過ごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

今週の土曜日は流浪の番組・カタカナ倶楽部です。

徳島編、最終回です!おすすめアクティビティとお土産の話。

徳島に行ってきました

前編・中編とお送りしてきた徳島編。今回はついにフィナーレ、後編です。

これまでの様子はこちらからチェケラ!

【大阪~徳島】南海フェリー「好きっぷ」でお得に夏の船旅をしてきたよ ー前半ー
久しぶりに流浪の番組・カタカナ倶楽部だよ!今回は夏の徳島に船旅をしてきました。
【大阪~徳島】徳島でおみやげもの探すなら「あるでよ徳島」がおすすめだよ -中編ー
先週土曜日に引き続き、流浪の番組カタカナ倶楽部をお届けします。徳島でおみやげ探すなら阿波踊り会館にある「あるでよ徳島」がおすすめ。徳島駅でお土産探すよりずっといいよ!

徳島ノープラン旅続く

ノープランで徳島をぶらぶらしているカタカナとのんきち(夫)。
あるでよ徳島のレジ係さんに教えてもらった「ひょうたん島クルーズ」へ向かいます。

途中、謎多きたぬき親子に出会ったり、バニラカーの大音量に煽られたりしながら、何とか船乗り場に到着しました。

このひょうたん島クルーズ、乗船料はまさかの無料!
・・・ですが、保険料として300円を支払います。

ひょうたん島クルーズ:徳島市公式ウェブサイト

ひょうたん島と聞くと、一定年齢層は人形劇の「ひょっこりひょうたん島」が思い浮かぶ事と思います。あの話は島がぷかぷか流されていましたが、徳島のひょうたん島はしっかり大地とつながっていました。安心してください。

実際は島ではなく川の中州なんだそう。中州を取り囲む水路を小型船でぐるっと回ります。

最初に結末を言いますと、すっごい楽しかったです!

ひょうたん島クルーズ

よくある遊覧船のようにのんびりゆったりではなく、けっこうスピード出すんですよ!
ぐんぐん水上を走っていきます。

カタカナ
カタカナ

使い古された言い回しですが、めっちゃ風が気持ちいい。

強風が大好きなカタカナにはたまりません。

時折、水路にかかっている橋の下を通っていくのですが、ちょうど満潮と重なった事もあって、けっこう頭ぎりぎりのところを橋がかすめます。

船頭さんが「はい、頭さげてくださーーーい!」と言ったら乗客みんなでいっせいに頭を下げるので、ちょっとした一体感が生まれたりして。

川に遡上しているエイを見て。

途中止まって、眉山を眺め。綺麗やなあ。

ひょうたん島クルーズ

あっという間に終わるかと思いきや、多分15分くらいは乗船していたと思います。勘やけど。

300円やし、市政が絡んでいるアクティビティやし、そこまで期待はしてなかったんですよ。
そんな私の予想をいい意味で裏切っていただいて、ボリューム満点の体験ができました。

おすすめです。

徳島のみなさんはやさしい

ひょうたん島クルーズを満喫した私たちは、そのまま徳島駅に徒歩で移動し、地元のファッションビルやらデパートをぶらぶら徘徊。

やっと徳島の空気に馴染んだところで、ぼちぼちと大阪に帰る時間です。

フェリー乗り場まで徳島駅からバスに乗らなくてはならないのですが、意外とたくさんバスが就航していてどれがどれか全く分からん・・・・

バスセンターの人に尋ねたのですが、これまためちゃめちゃ丁寧に優しく教えてもらいました。

徳島の人、やさしい・・・・

カタカナ
カタカナ

徳島港行きのバスはイオン行きと間違えやすいので、

絶対にバスセンターの人に聞いたほうがいいよ!間違えるよ!

阿波番茶ってなに?

帰りももちろん南海フェリーで帰ります。

南海フェリー

行きは見られなかったフェリー本体。やっと見られた。

復路の切符は新感線サイズ×2枚だったから安心しました。
不便な方に安心するなんて、私も歳をとりましたわ・・・・

すきっぷチケット

 

乗り込む前に、お茶をゲット。今回は阿波晩茶です。

どこに旅行をしても、帰り道は地元のお茶を飲みながら帰るようにしています。
少しでも長く土地と縁をつなげていたいなと思って(突然のポエミー)

阿波晩茶

一口飲んでびっくり。飲んだことのない味がします。なにこれ。

すっぱいような?番茶のイメージで飲むと一瞬口が戸惑います。
遠くにいつものお茶がいる感じかな・・・・?

なんと、茶葉を茹でて漬け込むそうな・・・ケンミンショーで取り上げられるタイプのお茶やな。

阿波晩茶2

 

フェリーに乗り込んで外を見ると、相変わらず海も空も真っ白。

フェリーからの景色

イスに座ってうとうとしているうちに、和歌山港についておりました。

めでたい電車に遭遇

和歌山港からは南海電車で帰ります。

乗換で降りたホームで衝撃の出会いが!!!!答えはCMのあと!!!!
・・・・なんてもったいぶる事もなくすぐお見せします。

カタカナ
カタカナ

めっちゃ可愛い電車が止まってたんです。

その名も「めでたい電車」。

めでたい電車

全車両、鯛がいっぱい散りばめられた真っピンクの電車です。

鯛モチーフ大好きのカタカナ、テンション爆上がり!!

私の他にもう一人、大興奮してたベテランお姉さんが「この中の壁!めっちゃ可愛いよ!見て!!」と声をかけてくださって。二人でキャーキャー言いながら写真を撮りまくりました。

めでたい電車内部 めでたい電車内部

残念な事に方向が違うため、乗車できませんでした・・・・
絶対にこの電車に乗りに来よう。

あーーーーーー、こんな可愛い電車を日常的に使っている皆さんがうらやましい。

唐突におみやげ紹介

さて、ここからは今回買ったおみやげを紹介します。

まず絶対的エース、すだち。

すだち

ひと箱に20個程度入って970円くらい。あるでよ徳島で購入しました。
箱が絶妙にダサいところがいい。最高。

でっかい箱で買うなら、果物屋さんで買うとちょっと安いかも。

すだちは9月~10月に天然モノ(露地栽培のことっぽい)が出回るそうで、まさに今が買い時です。他の季節に比べて果汁の量が多くなるんだって。

ビニール袋に密閉して暗所保存するだけで、常温でもめちゃめちゃ長持ちします。
購入して2週間経っても何も劣化していませんでした。

カタカナ
カタカナ

炭酸水やチューハイに1個分入れるだけで、さわやかで超超おいしい。
もっと買ってくればよかったーー。

ちくわも買ってきました。

ちくわ

カタカナはちくわも大好き♡
四国のちくわは手作り感があって素朴だけど、しっかり魚の味がするところがいい。

最後に

徳島、楽しかったです!

食べ物も土地もいいですが、何より、徳島の人はめっちゃ優しい人ばっかり!!!!!

優しくて真面目な人が多いように感じました。うん、そうそう真面目で控えめって感じ。
地に足が着いている気がする。

高知は明るくてフレンドリーな人が多かったので、隣県でも人柄って全然違うんですねえ。
その時の話はこちらから。(10月にまた行きますのでよろしくです)

高知観光に行ってきました ~高知の人々編~

 

私の中で徳島は「日常に疲れたときに、ふらっと行きたい場所」になりました。

日帰りでも十分に旅気分が味わえます。

大阪住まいの皆さま、ぜひ「好きっぷ」を使ってフェリーで行ってみてね!

大阪住まい以外の皆さまも、徳島いいところですからぜひぜひ行ってみてね!

カタカナ
カタカナ

今日もここまでお読みいただいてありがとうございました。

それではまた明日。