カタカナ、2時間サスペンスドラマに押し寄せる高齢化の波を心配してみる

2時間ドラマの高齢化を心配してみる 水曜日:芸能世界の考察

どうも、非効率系ミニマリストのカタカナです。

いかがお過ごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

水曜日は芸能世界の考察。

サスペンスドラマの高齢化を心配してみる。

伊藤四朗の体調を心配するドラマ「おかしな刑事」

先日ブログを書きながら2時間サスペンスドラマ「おかしな刑事」を流していたら、伊東四朗のセリフ回しが妙にゆっくりだなと感じたんですね。

もともと早口じゃないけど、今までに比べてかなりゆっくりしてる。

どうしたんだろと眺めていたら、伊東四朗が葬儀屋に聞き込みに行ったら終活の客と間違われて営業されるというシーンが流れました。

カタカナ
カタカナ

あー、伊東四朗もそんな年なのねえと調べてみたら

御年82歳でした。

その瞬間、葬儀屋のシーンにものすごい説得力がでてしまって!

その後はドラマを見ているというより「四朗を立ちっぱなしにさせないで!」「社交ダンススクールで座ってる・・しんどいのかなあ」とずっと伊東四朗の体調を気遣うハラハラした2時間を過ごしました。

82歳だったら、からくりTVのご長寿クイズに出演できるもんなあ。

若い容姿を保ってセリフを覚えて・・・と思うと、純粋に敬服します。

最近、ベテラン俳優の逝去が多い気がする

樹木希林はじめ、ここ数年でベテラン俳優が相次いで逝去されました。

亡くなった方をドラマの再放送で見かけると「私はこの人がいない世界に生きているんだなあ」とつらくなります。本当に寂しいです。

藤田まことが亡くなったのはもう9年前(2010年)なのですが、いまでも必殺!仕事人で見かけると悲しいし。主水はもういないのかって。

姑役だった菅井きんも2018年8月に亡くなりましたから、天国で「婿殿!」と怒られてるかもと思うとちょっと救われます。

押し寄せる2時間サスペンスドラマの高齢化の波

でね、冒頭の「おかしな刑事」の枠、来週は「法医学教室の事件ファイル」だそう。名取裕子の。

裕子はきれいだし、法医学教室の事件ファイルはおもしろいとはいえ、どうしても2時間サスペンスドラマの高齢化を感じずにいられません。

サスペンススター・船越英一郎、かたせ梨乃も私が子どもの頃から出演しているんだから、当たり前っちゃあ当たり前なんですけども。

カタカナ
カタカナ

大人気シリーズ「タクシードライバーの推理日誌」

渡瀬恒彦も2017年に亡くなってしまったし・・・

どうしても、次は誰かと考えてしまいます。

 

サスペンスドラマの高齢化について、考えられる原因は下記でしょうか。

  1. 長年にわたって放送されているものが多い
  2. 新しいヒット作がでてきていない
  3. サスペンスドラマの主役ができるアク強めの俳優がいない

おかしな刑事は今回で20作目、法医学教室の事件ファイルに至っては次回で46作目!

普通にすごい。

 

しかしながら最近は新しいヒットシリーズがなくて、ベテラン勢にむりやり出勤してもらってるように見えるんですよねー。

不景気でサスペンスドラマの放送自体が減少傾向にありますし、どうせ放送するなら確実に人気がある作品の方がリスクがなくていいですもんね。仕方ないか。

 

はっ!いま気が付いたのですが。

もしかしたら2時間サスペンス主演俳優全員、高齢で引退もしくは逝去するのを待っているのかも・・・・

カタカナ
カタカナ

全員亡くなったら、
2時間サスペンス自体終了させる魂胆なのかもしれない・・・

消え行く2時間サスペンスを救え

2時間サスペンスは確かにペラペラで低俗かもしれないけど、完全な予定調和という美点もあるのです。絶対に2時間で答えがでる。人生に明確な答えが出ることなんてないけど、2時間サスペンスだったら明確にお答えできます。

それに深い意味もないし、視聴者は何も考えずに無責任なこと言っててもいい。だから今まで生き残ってきたんだと思うんですよ。無意味にこそ意味があるっていうか。

カタカナ
カタカナ

TVの文化遺産みたいなものだから、

細々と残してもらえたら嬉しいなーと思っています。

 

そのためにはサスペンス感のあるアク強めの俳優さんを抜擢して、うまいこと世代交代を進めていかないと!

正直なところ、雛形あきこ・水野真紀では味が薄すぎる。噛んでも噛んでも味がしねえ。

つまらん!つまらんのや!!

思わず「おいおいおいおい!」と突っ込みたくなるような、味濃い目の若い俳優さんをお待ちしています!できれば脂が乗った40代希望!

慢性的な人手不足ですから即主役だよ。ここから20年間、毎年主役のドラマが放送される事になるよ!ぜひ割り切ってチャレンジしていただきたい。

 

あとね、サスペンスドラマに出たことないけど、西田敏行が亡くなった後のことを考えると気が重い。日本の俳優界の至宝が失われてしまうではないですか。

再放送を見ながら泣いちゃうかもしれない。

ああ、西田局長のみならず、とにかくみなさん長生きしていただきたいものです。

カタカナ
カタカナ

今日もここまでお読みいただいてありがとうございました。

ではまた明日。