好き嫌いにまつわるエトセトラ -食べて書いてまた食べる話⑬ー

好き嫌いにまつわるエトセトラ 火曜日:食べ物の話

どうも、非効率系ミニマリストのカタカナです。

いかがお過ごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

火曜日は食べ物の話。

皆さんには嫌いな食べ物はありますか?

今回は「す」のつく食べ物

50音で綴る食べ物の話、今回は「す」。

助六と迷ったけど、ここは「好き嫌い」でいきたいと思います。

 

誰しも一つか二つ嫌いな食べ物があるのではないでしょうか。

子どもの頃は好き嫌いが激しかった私ですが、そのほとんどが食わず嫌いでした。

ナス、そば、ウナギ、コーヒー、コーラ、しいたけ、骨付きフライドチキン。

カタカナ
カタカナ

上記全部、見た目がかわいくないから受け付けませんでした。

我ながら意味がわかんない・・・・

寿司も刺身がぶよぶよして気持ち悪いから断固拒否。

食べ物からしたら、せめて喰ってから嫌えという話です。

大人になっても食べられないものがある

大人になりまして、喰わず嫌いもずいぶん減りました。

どうしても逃げられない場面でしぶしぶ食べてみたら意外とおいしかったりして。

可愛さ0で食べず嫌いだったナスなんて、いまや大好物です。

 

寿司もいいものなら食べられるようになりました(スーパーの寿司はムリ)

それ以外でも自分から選んだりはしないけど、出されたら食べられるものも多いです。

 

それでも、ウナギ、しいたけ、コーヒー、コーラは今でも苦手なまま。

私は寿司、ウナギ、コーヒーにコーラなど「世間一般がごちそうと呼ぶもの、大好きなもの」が苦手なんですよね・・・・

カタカナ
カタカナ

仕事では困らないけど、のんきち(夫)の実家に行った時は

ちょっと困ったりします。

義母や義姉に「お寿司苦手で・・・」と自己申告するのつらい。

昔に比べてかなり克服してきたとはいえ、大人になっても好き嫌いがあるなんてちょっと恥ずかしいなと思っていたりするのです。

私を凌駕する好き嫌い王・のんきち

だかしかし。私をさらに凌駕する人がいまして。

カタカナ
カタカナ

夫ののんきちです。

めっちゃめちゃ好き嫌いが多いんですよ。信じられないくらい。

お酢、漬物全般(キムチも)、きゅうり、なす、昆布、お酒などなど、嫌いなものが多すぎて私も全部は把握できてないはず。

 

しかも和食カテゴリーに苦手なものが多くって。

温泉宿って苦手な食材を抜いて調理してくれるじゃないですか。

事前打ち合わせで「えっと、梅干とか漬物はいらないです。酢の物、酢飯とか酸っぱいモノは全部ダメで。きゅうりやなすも、はいメロンも食べられないです。煮た昆布も苦手なので佃煮はパスしてください、それと・・・・」と永遠に言ってるので、横で聞いていると恥ずかしくて死にそうになりますね。

カタカナ
カタカナ

絶対に宿の人に「この人は温泉宿に何しに来たのか、なぜ和食を食べようとしているの?」と思われてるもん。

ファミレス行けよと思われてるよ(被害妄想)

時折、有馬温泉に行くのですが、その度に拷問にあう。勘弁してくれ。

好き嫌いがないことは素晴らしい才能

好き嫌いを無理になくす必要はないけれど、嫌いなものがある分、おいしい食事にありつける可能性はどうしても減ってしまいます。

カタカナ
カタカナ

なんでも好き嫌いなく食べられるということは、

すべての食事がおいしいってことですからね。

食いしん坊として最高の才能だと思います。

たまに出会う「自分、好き嫌いないですよ!」という人がうらやましい。

 

食べず嫌いだけはしないように、一回食べてから好き嫌いを判断するようにしていますが、それでもやっぱりウナギ、しいたけ、コーヒー、コーラはだめだなあ。

もっと大人になったら嫌いなものも減るかしら。

でもそれは大人になるんじゃなくて、老化なんじゃなかろうか。

カタカナ
カタカナ

今日もここまでお読みいただいてありがとうございました。

それではまた明日。