こんまりメソッドは「一気に、短期で、完璧に片づける」 -片付けぐるり③-

一気に、短期で、完璧に片づける 片付けぐるり

どうも、非効率系ミニマリストのカタカナです。

いかがお過ごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

木曜日は片づけぐるり、

今週も引き続きこんまり先生について!

先週の振り返り

片づけのことばっかり書く片付けぐるりですが、今回もカタカナが敬愛するこんまり先生について書いていこうと思います。

前回の記事はこちらからどうぞ。

こんまりメソッド「ときめく?ときめかない?」で自分軸を取り戻す -片付けぐるり②-
こんまり先生といえば「ときめき」!うーん、ときめきと言われてもなあ、要不要でよくない?と思われるかもしれませんが、ときめき判断ってとっても懐が深いのです。

こんまりメソッドの特徴2:一気に短期に完璧に片づける

こんまりメソッドいちばんの特徴といえば「ときめき」ですが、目立たないけれどとても重要な特徴がまだまだあるんですよ。

そのひとつが「一気に、短期で、完璧に片づける」こと。

ふう~ん・・・くらいに思われたかもしれません。

カタカナ
カタカナ

実は「一気に、短期で、完璧に片づける」メソッドって、

これまた超エポックメイキングな視点なんですよ!

片付けには2種類ある

こんまり先生は片づけを2種類に分けています。

  1. 「日常の片付け」
  2. 「祭りの片付け」

日常の片付けは使ったモノを元に戻すこと。

お手伝いさんや執事に囲まれた石油王にでもならない限り、一生ついてまわるものです。

 

祭りの片づけ、これこそがこんまりメソッドの肝。

カタカナ
カタカナ

こんまり先生は「片づけは祭りです。片づけを毎日してはいけません」と断言しています。

一生に一度の片付け大祭り。

・・・とはいえ、始めて聞いたときは「はい?」ってなりますよね。もちろん私もなりました。
どゆこと?

一気に終わらせればリバウンドしない

こんまり先生はこうも言っています「一気に短期で完璧に正しい方法で片づけを終わらせれば、二度とリバウンドしない」

片づけ、特に「捨てる」を一気に完璧に終わらせると、目の前にある景色が劇的に変ります。

自分の部屋がきれいになると感動するんですよね。

きれいな部屋を眺めながら自然と思うんですよ、「もうあの状態では戻りたくない・・!!」と。

カタカナ
カタカナ

マイナスからプラスに一気に振り切ることで生じる圧倒的な感動、

その感動が意識変化を起こします。

すると二度とリバウンドをしないようになるのです。

リバウンドしないならもう同じ片づけをする必要がありません。

一生で一回だけ行う片づけ、だから「祭りの片付け」と呼ばれているのです。
(具体的な方法は今後UPする予定ですのでお楽しみに)

既存の片づけメソッドは長期戦

とはいえ、今まで何度も片づけに挫折してきた自分が「一気に短期に完璧に片づけをする」なんて出来る気がしないって思うかもしれません。

ここで今までの片付け論を思い出していただきたいのですが、大体「一気にやるとリバウンドするから少しずつ片付けましょう」「一日一捨をしましょう」など、長期戦を前提にした理論なんですよね。

はい、ここで質問です。

カタカナ
カタカナ

毎日少しづつ片づけて、片付け終わりましたか?

一日一捨続けられていますか?

ええ、そうですよね。片付いてないですよね。

わかります、だって私もそうでしたもん。

毎日毎日何かしら片付けしてるのに終わんないの。終わらないからやりたくなくなって、さらに片づけたくなくなる負のループ。

その度に自分がいやになっちゃうんですよね。

一日一捨は意外と大変

一日一捨はハードルが低そうだけど、個人的にいちばんきついと思うんですよ。

そもそも毎日毎日1個捨てるって難しくないですか?

2個捨てたい日はどうするの?我慢して明日に回すの?

すんごい疲れてて玄関開けた瞬間に倒れこむような日でも、1個捨てるもの探すの?

カタカナ
カタカナ

ああああああああ、めっちゃ大変そう。

怠け者で飽き性の私は考えただけで腸がちぎれそうです。

急に真面目な話になりますが、ざっと家の中を見渡していただいて自分の持ち物がいくつくらいあると思われますか?

 

(シンキングタイム)

 

一説によると、一般家庭だとひとり1,000個以上モノを持っていて、さらに毎日1~2個ほど家に持ち込んでいると言われています。

 

・・・・・お気づきになりましたか。

一日一捨だと、その日持ち込んだモノ分だけを捨てている状態になっていることに・・・・

利息だけ返してなかなか元本に届かないローン返済のよう。

 

 

・・・・そう、さらにお気づきになりましたか。

カタカナ
カタカナ

今まであなたが片づけられなったのは、

あなたのふがいなさのせいじゃなくて方法が合ってなかったから!

コツコツ片づけはなかなか結果が見えないし、いつまで経っても終わらないし、ずっとずっとおなじことの繰り返し。

だから多くの人が挫折してしまう。

片づけが終わらなくて当然、リバウンドして当然だったんです。

だから「片付けできないのは私がだらしないから」と自分のことを責めていた人にこそ、こんまりメソッドをためしていただきたいと強く思います。

まとめ

今までだめだったことを何回も繰り返しても、やっぱりうまくいく可能性は低いです。

だったらここはひとつ新しい方法にチャレンジしていただければと思います。

絶対に片づけられます。

1週間洗濯しなくてもいいように靴下8足持ってたようなずぼらなカタカナだって出来たのですから大丈夫です。

片づけは「一気に、短期に、完璧に」!

カタカナ
カタカナ

ここまでお読みいただいてありがとうございました。

それではまた明日