【ミニマリスト】モノの入れ替えに伴う新旧共存期間と打ち切るきっかけと非効率性

ゴミ箱 月曜日:ミニマリズム

どうも、非効率系ミニマリストのカタカナです。

いかがお過ごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

月曜日はミニマリズムの話。

新旧共存期間から感じる自分の非効率っぷり。

持ち物入れ替えたい欲

最近、持ち物を入れ替えたい欲が高まっています。

ミニマリストって物欲がないと思われがちですが、私はがっちり物欲ある派です。

自分がいらないモノは徹底して持たないですけども。

最近ではメイクポーチ、リュックや靴下を入れ替えました。

共存期間の「むむむむ・・・・」

お気に入りのモノを買って入れ替えるのってとても楽しい。

でもちょっとだけ「むむむ・・・」となる瞬間があります。

いま持っているモノがあともう少しで壊れるなーって時って、現在のモノと新しいモノが一瞬共存するじゃないですか。

で、予定通りに壊れたらいいんですけど、自分の予想に反して、意外と長持ちしちゃうときありません???

カタカナ
カタカナ

靴下だったら、あと一回はいたら穴空くなーと思ってたのに、

3回はいてもまだまだいけるとか。

この共存期間の打ち切り時が分からなくなって、むむむむむってなるんですよ。

買った瞬間に入れ替えりゃいいんですけど、元々使っているモノも大変お気に入りに商品であるわけでして。

ミニマリストだからって、常に非情のライセンスを発動できるかっつーとそうでもなかったりするわけでして。

でも持ち物の数が増えたことによって、若干ストレスも感じたりするわけでして。

さすが非効率系ミニマリストだぜ、と我ながら思う。

カタカナ
カタカナ

自分のミニマリズムを人と比べたって意味無いとはわかりつつも、

物欲ない系のミニマリストがうらやましかったりします。

別れる「いいきっかけ」

そんな「共存期間甘く見積もっちゃう系」ミニマリストのカタカナですが、最近、ぱっと打ち切れる機会がありました。

高知旅行です。

Tシャツ、ユニクロのドライパーカー、下着、カヌーに使った水着の4点をホテルのゴミ箱においてきました。

衣服に限った事にはなりますが、荷物を減らしたい気持ちも手伝って未練なく手放せてすっきり。

いい機会になりました。

片付けと収納を一緒にやるのはNG

でも私、衣服は洗濯してきれいな状態で送り出さないと居心地が悪いんですよ。

だからホテルのコインランドリーで洗濯&乾燥させてから捨てました。

カタカナ
カタカナ

計800円なり。

超非効率・・・・・・

最後に

ミニマリスト始めてからこだわりが全くなくなったこともあれば、全く譲れなくなったこともあるんすよね。

不思議なもんです。

私の中で全く譲れないことが「衣服は洗濯してから別れる」だと思うと、なんつーか小さいというかどうでもいいっつーか、改めて認識すると大変恥ずかしいわ。

カタカナ
カタカナ

今日も一日ありがとうございました。

それではまた明日。