モノはモノを連れてくる ーミニマリストがiPad Proを買ってみて分かったことー

モノはモノを連れてくる 月曜日:ミニマリズム

どうも、非効率系ミニマリストのカタカナです。

いかがお過ごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

月曜はミニマリズムの話。

モノはモノを連れてくる、だって寂しがりやだから・・・・

iPad Pro購入!

先日、ついに ipad Proを購入しました!

iPad Pro

これからの片づけサービスの提案資料作成用に使おうと考えています。

久しぶりの大きな買い物だったこともあるのですが、色々あいまって、いま、カタカナの心は乱れております・・・

カバーをカバーするカバー

ちょっと下世話な話になりますが、今回買った買い物の内訳です。

ipad pro      :14万円
Apple Pencil    :1万円
smart Keybord Fillo :1万5千円
保護シール     :4千円
保険        :1万五千円


合計        :約20万円

こんな板が に じ ゅ う ま ん え ん ・・・・

 

iPadなのですから、持ち歩く事が前提です。

カバンに入れてさっと出してさっと作業してさっと戻す。

いつでもどこでも作業できるのがiPadの魅力なんですものね。

 

とはいえ。

に・・・・にじゅうまんをそのままカバンにいれるんすか・・・・

 

ムリムリムリムリムリ!!!!!

割れたらどーすんの!!雨が降ったら!!!???

つーか、あのipad ProのCM、手元でくるくる回したりしてるけど正気の沙汰なのか。それとも会社からの支給品なのか。

本体を守るためのカバーがSmart Keybordなのですけども、それ自体がすでに精密機械なわけで。

カタカナ
カタカナ

カバーを守るカバーがいるやん!

ということで。

今はiPad Proのカバーをカバーするカバーを探しています(言いたいだけ)

別にそのまま入れちゃえばいいのでしょうけど、私のような小心者にはとてもとてもできません。

モノはモノを連れてくる

さて、今回の件をミニマリズム的に考えてみましょう。

この界隈ではひとつの格言があります。

カタカナ
カタカナ

「モノはモノを連れてくる」

ひとつモノを買うと、買ったモノにまつわるモノたちもやってくる、という戒めです。

 

例えばテレビを買ったとします。

テレビだけで済めばいいのですが、時にはテレビ台が必要になるでしょう。ついでにオーディオやレコーダー、さらにテレビゲームやDVDも買ってしまうかもしれません。

自覚のないうちに、テレビ周辺のモノが増えてしまうのです。

 

モノは寂しがりだからモノを呼ぶ、とも言われるこの現象。

まさに今の私に起こりつつあるんですよね・・・やばい。

過保護な私

「iPad Proのカバーをカバーするカバー」だけで済めばいいのですが、使っているうちにさらに欲しいモノが出てくるかもしれません。

スカーフに包んで一回だけ外に持ち出したんですけど、「カバンの中に無防備な20万円が入ってる・・・!!」と思うとヒヤヒヤして仕方なかったんですよ。

だからApplePencilを守るためのペンケースあるといいなとか、「iPad Proのカバーをカバーするカバー」を守るためのパソコンバッグがほしいねとかね。

タブレットを持つのは初めてだし、なんてったって高価なんで、めっちゃ過保護になっちゃって。

初めてのことは判別が付かないものですから、ある程度のことは仕方ありません。

あっても困らないモノがいちばんやっかい

問題はさらに奥にあって。

「こんな高いモノ・・・・あれもいるんじゃない?これもいるんじゃない?あって困るもんじゃないんだから、持っておいた方がええよ」と心の中のおばあちゃんが超心配してくるんですよ。

この「あっても困らないモノ」が、持ち物を増やす第一原因なんですよね・・・

 

いつか役に立つかもしれないし。

実はないと困るモノかもしれないし。

よくわからないけど、とりあえず持っておいたら安心だし。

 

普段だったら、「困ったときに対処すればいい」ときっぱり切れるんですよ。

でも自分の知識が薄いモノ・高価なモノ・貴重なモノが相手になると、判別基準が甘くなってしまう・・・・

モノを増やすのは不安からなのかもしれません。

今回の件でとてもよく分かりました。

カタカナ
カタカナ

ミニマリズムは、心の中のおばあちゃんと

どう折り合いをつけるかが重要なのかもしれません。

モノはモノをつれていく場合もある

すぐそばに潜んでいる「モノはモノを連れてくる」。

ですが、逆もありうるんですよね。

ひとつモノを手放したら、関連商品を持たなくてよくなる可能性がある。

テレビがなくなったら、オーディオもレコーダーもTVゲームもいらなくなりますから。

カタカナ
カタカナ

あまりいい例えじゃないけど、

虫の巣を退治したら虫がまるごといなくなるのと同じ事ですね。

まとめ

周辺商品を買うことは悪い事ではありません。

大事なのは「モノはモノを連れてくる」ってことを意識しておくことなんでしょうね。

無意識に買い揃えない。

一回立ち止まって考えてみる。

 

なので、私も本当に「iPad Proのカバーをカバーするカバー」が必要なのか、改めて考えてみようと思います。

・・・さすがにいるな。だって小心者だから。

カタカナ
カタカナ

今日もここまでお読みいただいてありがとうございました。

それではまた明日。