で。結局、ライフエンジンに参加してどんないいことがあったの?

ライフエンジニア! ライフエンジン

どうも、非効率系ミニマリストのカタカナです。

いかがお過ごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

昨日に引き続き、オンラインサロン・ライフエンジンのご紹介!
後編をお届けします。

前編はこちらからどうぞ↓

ライフエンジンはカンブリア爆発直前にある -加速する細胞たちの進化ー
カタカナが所属するオンサインサロン「ライフエンジン」が3周年を迎えます!おめでたいので記念に真面目な記事を書きました。二日間に分けてお送りします。本日は前編です。

私が思うライフエンジンのいいところ

カタカナがライフエンジンに参加して10ヶ月が経ちました。

正直なところ、皆さんが聞きたいのは「結局、加入していいことあったの?」ですよね。

ええ、大小合わせて数々のいいことがありましたよ。

今回は特に大きないいことを2つご紹介します。

  1. 様々な生き方を知ることができる
  2. 年下のみなさんと交流できる

ではさっそくいってみよーーー!!!

 

1.様々な生き方を知ることができる

社会人になったら世界は広がりますが、反比例して友達は減っていくもの(当社比)

仕事上の人間関係は時おり広がりがありますが、どうしても範囲が限られてきます。

そんな時こそライフエンジンの出番です!

 

ライフエンジンには多種多様な人が所属しています。

自分の日常では関わることのない世界の人たちといつだって交流できるのです。

会社員ならフリーランスの世界を、大学生は社会人の世界を、音楽の人なら文学の世界を、と見たことのないの世界をのぞくことができます。

自分が知らないだけで色々な生き方をしている人がたくさんいるんですよ、本当に。

 

日々忙しく過ごしていると、やりたいことがあってもなんだかんだで自分に言い訳しちゃうもんじゃないですか。

時間がない安定してない夢なんて追いかけても仕方ない、やりたいことなんてないとか。

それ全部「私はこうやって生きていくしかないんだ・・・」って自分で自分に言い聞かせてただけだって気が付いたんですよ、やっとね。

 

己の生き方は好きに選択していいんだってライフエンジニアたちが教えてくれました。

もっと思い切り自分を表現していいということも。

早すぎるも遅すぎるもない、いまから全てを選べばいいんだってことも

 

このブログ「カタカナ5min.」も、ライフエンジニアのぞのさんに後押ししてもらって始めました。

やってみましょう!と言われなかったら一生やらなかった。

本当はやりたい、でもできないのは私のせいじゃないと周囲を呪いながら死んだと思います。

いやまじで。

大変なことも多いですけど、見てくれ!おいらはやりたいことやってる!と大声で叫べる日がくるなんて思っても見なかったですね。ありがたい。

 

2.年下の皆さんと交流できる

これは30代後半以降のベテラン勢に贈る章になりますよ。

最近若い方とお話してますか?

100歩譲って部下でもいいんですけど、10代20代と交流ありますか?

 

特に新卒採用してない中小零細企業にお勤めの皆さん!

私の勤め先が完全にこれなんですよ。

20代以下一人しかいないの。

部署違うから滅多に話せないし、たまに話すと緊張しちゃう。

 

やっぱりね、年上ばっかりと話してると脳内が老けて来ちゃうのですね。

(もちろんそうさせない年上の方もいる)

どうしても古い価値観を土壌にしたやりとりになりますからね。

無意識のうちに、このまま安全圏で自分をだましだまし生きるのが楽だなって思うようになってました。

 

ライフエンジンの主な年齢層は20代半ば~30代前半。

いやー、やっぱりエネルギーありますよ。

新しいことどんどんインプットして、どんどんアウトプットしてる。

これ見てると、私も影響されてやる気が出てきちゃうんですよね。

自分をだましてる場合じゃない。

 

正直ね、うわー20代以下は積んでるOSが違うわ!って思いますわ。

頭が柔らかくて、いい意味で今までの常識が通用しないといいますか、古い因習にとらわれないといいますか。

 

人生の先輩だからって、後輩に何かを教えなくちゃならないなんてことはない。

自慢じゃないけど、少なくとも私は何も教えてない。

これから新しい時代を開く人々に古い習慣なんか教える必要ないですし。

むしろ、彼らから私たちが教えてもらう方がずっといい

もちろん私が教えられる事項があれば惜しみなく渡しますよ、自分の知識が役にたてばやっぱり嬉しいもの。

 

その昔、おすぎとピーコが「病院に行ったら新生児室をのぞいて精気吸って帰る」と話してました。

聞いた当時は完全に妖怪じゃねえかと思ったんですが、今は気持ちがよく分かる。

若いライフエンジニアの精気をいただいて、毎日刺激を受けまくっています。

たぶん寿命も3ヶ月くらい延びとる。

 

自分はまだまだ進めると思えることが大事

ここで少々恐ろしい話をいたしますが、

「周りにいる10人を平均したのが自分である」という説がございます。

好き嫌いに関わらず、自分の周囲10人が該当します。

好きな人尊敬する人に囲まれていたらいいんですけど、その逆だったら・・・・?

 

・・・・・・

例えば。

大嫌いな職場で好きでもない人たちに囲まれてるとしたら。

その10人の平均が自分・・・・・!?

 

ひゃーーーーーー!!!!

ぞっとする話です。

お察しの通り、私のことなんですけども。

 

今までだったら、私の人生なんてこんなもんとあきらめてたと思います。

でもね、もうあきらめるの止めたんですよ。

 

ライフエンジニアって、よくもてはやされるキラキラな人たちじゃなんですわ。

ああいう外が光ってる感じではなくて、磨かれた玉が内側から光ってる感じなんですよ。

もちろん自分自身も光ってるけど、それ以上にじんわり周りを照らす明かり。

 

おかげさまで私の周りの10人はすっかり入れ替わりました。

もちろん、大多数がライフエンジニアたちです。

こんな素敵な人たちの平均が私なの!?最高やん!と思っています。

私の人生、捨てたもんじゃないなと。

 

まだまだ書き足りないところですが、いったんここまでにします。

うわー、もっとばかばかしく書くつもりだったんですけど、思いの他真面目に書いてしまいました。

私、好きな人の前では恥ずかしくておとなしくなっちゃうタイプなんですよ。

今回も思い切り照れてしまいました。

 

ライフエンジンってどんなことしてるの?と思われた方は、こちらをどうぞ。

JMatsuzakiさんのブログです。

https://jmatsuzaki.com/archives/21888

いやー、改めてJさんのブログ読むと、もう一回ライフエンジンに入りたくなっちゃいますね

加入中だけど、おかわりください!と思う。

 

本日もここまでお読みいただいてありがとうございました。

ではまた明日。