【ミニマリスト】我が家の肉じゃがから考えるミニマリズム

じゃがいもと鍋 月曜日:ミニマリズム

どうも、非効率系ミニマリストのカタカナです。

いかがお過ごしでしょうか。

カタカナ
カタカナ

月曜日はミニマリズムの話。

これがなければ、あれを使ってみる。

我が家の調味料の件

うちね、お砂糖ないんですよ。

料理にも使わないし、飲み物にも入れない。

1年ほど前から常備することをやめたのですが、特に困ることもなくここまで過ごしています。

 

みりんもありません。

必要とするような料理、例えば煮物・煮魚をしない。

こちらも廃止してから一年ほど経ちますが、特に困ることもなくここまで過ごしています。

 

ついでにお酢もありません。

必要とするような料理、例えば酢の物・マリネをしない。

こちらは廃止して2年以上経ちますが、特に困ることもなくここまで過ごしています。

カタカナ
カタカナ

これらの調味料、3行目は全部コピペしちゃうくらいに

本当に特に困ることもなくここまで過ごしてるんですよね・・・

肉じゃがに砂糖を入れない

お砂糖とみりんが必要な料理の代表が肉じゃがです。
じゃあ、肉じゃがを作っていないのかと言うと、牛肉が安い日に時折作ってまして。

上記2つの代わりにお酒を入れて、さらに濃い目のだしを使うようにしてるんですよ。

そうすると、「ちょっと甘さ控えめの肉じゃが」くらいに仕上がります。

甘みをいれていないのに、意外と甘いんですよね。
多分、お肉の脂身のせいじゃないかな。

100人に食べてもらったら、

・これは肉じゃが       ・・・30%
・大まかな範疇で言えば肉じゃが・・・50%
・肉じゃがじゃない      ・・・15%
・無回答           ・・・5%

くらいのアンケート結果になると予想してます(カタカナ調べ)

 

いつもこの肉じゃがを食べるたび、これがないとこの料理はできない!なんてこと、実はあまりないのかもしれないなと思うんですよね。

京都の中華やさんには、マーボー豆腐をにんにくも豆板醤も使わずに、しょうがと赤味噌で作るお店があるって言いますし。

我が家もサラダ油が切れた時は、マヨネーズを油代わりにして野菜炒めを作っています。

さすがに味噌汁の味噌なしまでくると厳しいですけど、味噌がなかったらおすましにすればいいんだわくらいの柔軟な気持ちを持っておくのは悪くないと思います。

これがなければ、あれを使ってみる

これがなければあれを使ってみよう発想は、料理だけでなくミニマリズム生活に大いに役立ちます。

部屋干しを乾かすために、サーキュレータじゃなく扇風機を使ってみようとか。

ポーチがないならハンカチで包もうとか。

とんかちがないけど、代わりにめん棒にタオル巻いて使ってみようとか。

 

もちろんうまくいかないことも多く、私もよく「あちゃー」ってなってます。
おかげさまで取り返しの付かないような大惨事には至ってません。

失敗も含めて、自分の生活を実験の場ととらえておく。
そう思っておくと、失敗しても、まあしょうがないや、はははくらいで受け流せるんです。

そんなかるーい気持ちで、たまに生活の実験してみるなんていかがでしょうか?

今まで気づかなかった発見があるかもしれません。

いいや、きっとある(はず)!

カタカナ
カタカナ

今日もここまでお読みいただいて、ありがとうございました。

それではまた明日。